残留動物用医薬品検査/飼料添加物検査

食品衛生法では食品中に残留する動物用医薬品及び飼料添加物の基準が定められており、この基準を超える食品は食用としての製造・流通や販売が禁止されています。

対象となる食品:畜肉及び臓器、魚介類、乳、卵、はちみつ、加工食品、飼料 等
検査項目 必要検体量 検査料金(税別) 納期
一斉分析97項目
(使用頻度の高い動物用医薬品セット)
1kg 76,000円 11営業日
一斉分析11項目
(抗生物質、合成抗菌剤を含むセット)
1kg 57,000円 11営業日
個別分析
(分析可能な160項目から選択)
1kg 32,000円~ 11営業日

分析項目についてはお問い合わせください。

●納期について(必ずご確認ください)
●ご依頼方法(必ずご確認ください)
●検査依頼書(指定の依頼書をお使いください)

注意事項
  • 検査に必要な検体量は、可食部として1kgです。1kg以上をご送付ください。量が満たない場合は、検査ができないことがございますので、あらかじめご連絡ください。
  • パック類などに包装された食品は開封せずにご送付ください。
  • 複数の検体をまとめて送付される場合は、検体が接触しないように個別に包むか仕切りをしてください。
  • 動物用医薬品及び飼料添加物が検出された場合、個別に確認検査を行うことがありますので、通常より納期が遅れる場合がございます。また、検体の状態や夾雑物の影響により測定できない場合がございます。予めご了承ください。

●ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。